スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ☆夏の頭皮トラブル②☆

    ひきつづき、夏の頭皮トラブルの要因をご紹介します。



    ③頭皮がベタベタする



    頭皮を清潔にするには洗髪が最適ですが、


    洗髪後すぐに頭皮がべたつく方もいます。


    その場合、どうしても洗浄力の高いシャンプーを求めがちですが、


    これが頭皮のべたつく要因。


    人間の体はすぐに反応し皮膚が乾燥し過ぎないように


    すぐに皮脂を分泌します。


    その皮脂を過剰に取り除くと体も反応してその結果、


    それ以上の皮脂を分泌するようになるのです。



    ④頭皮が赤みを帯びている



    赤みの原因は日常生活に溢れています。


    直射日光による紫外線を浴びたり、


    頭皮を不潔にしたり、


    逆にシャンプーのし過ぎで頭皮を傷めてしまったりすると、


    まずフケやかゆみが出始め、やがて炎症を起こすようになります。




    赤みを伴う炎症は、頭皮にとっても危険な状態。


    フケの要因や頭皮がべたつく原因でも述べたように、


    頭皮に合わせたケアの仕方が重要になってきます。


    また、睡眠不足や食生活の乱れなども原因の一端を担っていることも。


    生活習慣を見直しましょう。




    以上、頭皮トラブルの要因でした。


    正しい知識をもって頭皮ケアしていただきたいです。

    スポンサーサイト

    ☆夏の頭皮トラブル①☆

    夏は頭皮のトラブルが多いですよね。



    今回は夏の頭皮トラブルの要因をご紹介します。




    ①毛穴が詰まっている


    皮脂を分泌する皮脂腺は、


    分泌した皮脂によって毛髪や皮膚を保護する役割があります。


    しかし、過剰に分泌したり、それらをキレイに取り除けなかったりすると



    毛穴がつまり、毛髪の成長を妨げる要因となります。


    しっかりと取り除くことが重要になります。



    また、毛穴のつまりが深刻化すると



    髪がやせたり脱毛の要因ともなります。




    ② フケがよく出る


    フケは一般の人でも毎日見られますが、


    異常なフケは皮脂の分泌の増加によるものです。



    フケには乾燥したものと油分の多いものの2種類に分かれます。




    乾燥性のフケは頭皮の乾燥によるもので、


    脂漏性のフケは皮脂の分泌量によるものです。



    脂漏性フケは悪玉常在菌が増殖し


    頭皮のターンオーバーが早くなることによって起こるものです。







    ☆育毛の超重要物質☆

    「毛髪細胞増殖促進に係る発毛因子(FGF-7)」
    「インスリン様成長因子-I(IGF-1)」


    この2つの物質が発毛や美しい肌など、

    アンチエイジングに重要な役割を果たします。



    髪がフサフサの人はIGF-1の量が多く、

    薄い人は少ない傾向にあります。



    IGF-1は思春期を境に自然に減少していき、


    年齢とともに薄毛になってききます。 






    IGF-1を高める代表的な食べ物


     唐辛子
     納豆
     豆腐
     玄米
     八丁味噌
     ワサビ
     赤ワイン
     果実の皮
     実の皮
     オリーブオイル
     チョコレート



    チョコレート 唐辛子










    義援金募集
    義援金
    フェイスブック
    フェイスブック 
    リンク
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    今日の天気は??


    ●○神戸(兵庫県南部)の
    お天気情報は、こちら♪♪
      ↓↓
    ★☆神戸の天気予報☆★
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。